2023年5月13日

メール送受信

メール送受信【タイトル】

 1.メールログイン
 2.メール新規作成

1.メールログイン

1)指定URLよりログイン画面を開く

  URL:https://secure.sakura.ad.jp/rscontrol/?webmail=1
  メールアドレス:info@doctorcheck.jp
  パスワード:BFJxqVBc1


2)メールログイン画面よりメールアドレス、パスワードを入力し、「ログインする」をクリック

2.新規メール作成

下痢や体重増加やウェスト増加が気になっている方、ゆっくり腹八分ができる簡単アドバイス、箸置きにチャレンジしてみませんか。

やり方は、いたって簡単。食事のときに箸置きを使うだけです。ご飯やおかずを一口分、口にいれたら、お箸を置く。フォークやスプーンも一緒。口の中が空になってから、次のゴハンやおかずを口に入れるようにします。食べたものが残っているうちに、お箸を持った時は、必ず、お箸を置きなおしてください。

実は、多くの方が、お箸(スプーン)を持ったまま、次から次へと口にいれて、口の中が空になる時間もなく、食べ続けています。この食べ方だと長くて10分、短いと5分です。

実は、この箸置きという簡単な行動を繰り返すだけで、食べる動作がゆっくりになり、ゆっくり食べると満腹感があって、自然と腹八分になるという仕組みなのです。

皆さん、つまみ食いをした経験はありませんか? ご飯の前に、つまみ食いをしていると、いつの間にか満腹感を感じます。それは、つまみ食いした食べ物が分解され糖分になり、この糖分とレプチンというホルモンが、脳の満腹中枢に届いて、脳細胞が満足するからです。胃の中には余裕があるのに、満腹感を感じることができれば、しめたもの。早く食べると脳細胞が満足する前に、胃の中が一杯になってしまう、というわけです。

いかがです。今日から箸置きにチャレンジしてみませんか?「たかが箸置き、されど箸置き」です。

頑張らなくてもできることから始めてみませんか。

頑張っても、1週間でやめてしまっては、意味がありません。

継続することが、何よりも大切です。